沢田マンション祭りのための『ひつじ』

Posted on 2014-11-09

2014年11月9日、
安川の友人であり沢田マンションの住人でもある今井君の誘いで
沢田マンション祭りに出店することになりました。

アトリエカフエでは来年の干支であるひつじをモチーフに何かをつくろうと
3種類のグッズを製作しました。

出店4日前までひつじをモチーフにするという事しか決まっておらず、
とりあえずイメージを形にしよう!と出来たのがこちら。

試作1

試作2

不安を隠しきれない冨吉。
なんとかなるんちゃう?と安川。

「ひつじにちなんで毛糸を巻ける何かがいいんじゃないか」から
「ひつじの胴体がマスキングテープになってたら便利!」
「ひつじのバッジもつくろう!」
と話がふくらみ
出店3日前にしてやっとつくるものが見えてきました。

つくるものが見えてきて安心した私たちは
明日に備えよ、とすみやかに帰宅しました。

出店2日前、材料を揃えいざ製作をはじめると
肝心の顔の部分が
これそもそもひつじにみえないのでは…と不安に駆られる仕上がりになりました。
その時のひつじがこちら。

シルエットひつじ

まずい、これはまずい。

こんな仕上がりになっているとも知らず
工房では安川が胴体部分をせっせと用意しています。

ひつじをひつじたらしめる要素は何か、を熟考したのちに出した答えが
リアルのひつじを模写するしかない、でした。

真正面のひつじの顔を描き、
消しゴムでスタンプをつくりました。

リアルひつじ

木材を丁寧に塗装したものに、
次々とひつじがハンコによってプリントされていきます。

マスキングテープの可愛らしさ、
毛糸のふわふわ感もあいまって、
だんだんひつじらしくなっていきました。

マステ三姉妹

毛糸ひつじ

これはいけるのでは…!!という希望の光が見えました。(やっと)

会場でのディスプレイの方法を決め、
あとはアトリエカフエお得意の大量生産。(人員2名)
目標製作数と時間を設定し、各々が作業に徹しました。

製作風景1

製作風景2

大量生産

結局高知へ出発するギリギリまで準備をし
どんと来いという気持ちで北加賀屋を後にしました。

【アトリエカフエこぼれ話おわり】

ーーーーーーー
沢田マンション祭り当日はあいにくの雨模様。

雨模様

さすがの沢田マンション。
人がひっきりなしでした。

ひっきりなし

カフエブース

それではご紹介
アトリエカフエが用意した3種類のグッズ。

*テープのひつじ
家庭やオフィスでころがりがちなマスキングテープを三本収納できるひつじです。
そのままテープも引き出せます。

*毛糸のひつじ
毛糸が巻いてあり、ひつじ感はピカイチ。置物としてどうぞ。
(毛糸をほどくと、マスキングテープを3本収納できます)

*バッジのひつじ
2015年、あなたの胸元で干支感を演出します。

今井家とゆかいな仲間たち

バッジつける子ども

販売員安川

即席空間デザイナー

ブース全景

自分たちの作ったものが手に取られ、
買われて行くのはいつもの納品とはまた違う喜びがあり、
またいろんなところで出したいねと新しい目標ができました。

 

安川には「牛」と呼ばれ
冨吉には「ヤギ」と呼ばれがちだったこのひつじですが、
このふてぶてしい仕上がりに一同大変満足しています。

柵

 

購入はアトリエカフエまでお問い合わせください!


RSS Feed  Tags:,
Posted in クラフト | Comments Closed

Related Posts

関連する記事はありません