「音楽と演劇の年賀状展5」のための巨大こたつ兼舞台

Posted on 2015-01-11

kakushigei_101a
Photo: 中才知弥(Studio Cheer)

2015年1月より開催の「音楽と演劇の年賀状展5」の会場構成をお手伝いしました。
巡回スタートにあたる1月11日〜25日の大阪展示@OZC GALLERYの会場構成を担当しました。

http://nengajoten.net/

5D1M3562a
Photo: 中才知弥(Studio Cheer)

5D1M3628a
Photo: 中才知弥(Studio Cheer)

お世話になっているグラフィックデザイナー・山口良太さんの恒例企画に初めて参加させていただきました。
これまで毎年会場中心にこたつを設置し、家に来たようなくつろげる雰囲気の展示を続けてきたようです。
それを受け継ぎつつ、会期中に行われるライブやワークショップでもうまく利用できつつ、
よりくつろげる開けた空間を目指して、巨大こたつ兼舞台を会場のど真ん中に設置することにしました。

舞台の上には屋根をつけて、より家っぽく。土俵のようにも見えます。
(安川はずっと「土俵」と呼び続けた)

P1150221a

P1150224a

材料提供はいつもお世話になっている三重県伊賀市の穂積製材所にお願いし、伊賀の工房で年末に製作。
大工見習いの佐伯くん(トシくん)帰省中に狙いを定めて手助けをお願いし、
自分だけでは到底できない技術を用いて組み立て式の巨大コタツの製作ができました。

P1150284a

P1150288a

P1150294a

P1150298a

P1150302a

P1150306a

P1150319a

P1150324a

脚に梁を差し込み、中に床を貼って畳を敷くと2畳の舞台の完成です。
良い広さ。

08 - 4

大阪・此花で活動されている、ツクリバナシの黒瀬空見さん製作のこたつ蒲団が取付けられ、こたつが完成。
なんとこのこたつ布団、取り外すとポンチョのように羽織れます。
デザインといい本当に素晴らしいこたつ蒲団をありがとうございました。

ツクリバナシ
http://tsukuribanashi.boo.jp/index.html

kakushigei_085a
Photo: 中才知弥(Studio Cheer)

会期中いろんな使われ方をし、活躍したとのこと。
山口さんはお客さんから「ひらかれた場所になりましたね」というお言葉をいただいたようで、ここは素直にすごく嬉しかったです。

この巨大こたつ、来年以降のことも考えて比較的簡単に組立とバラしをできるように設計しましたが、
なんと今年の埼玉会場でも使っていただきました!
来年以降も、または別の企画でも活躍すると、この上なく嬉しいです。


RSS Feed  Tags:, ,
Posted in 空間づくり | Comments Closed

Related Posts