えのこじま仮設映画館 空間設計・製作

Posted on 2015-09-01

2015年8月、大阪府立江之子島文化芸術創造センターenocoにて「えのこじま仮設映画館」の空間設計、製作、ワークショップを行いました。

 

8月1日〜30日の期間、大阪府立江之子島文化芸術創造センター[enoco]に出現した「えのこじま仮設映画館」。シアター・ラボ・ロビーから構成される会場では「みる/つくる/はなす・もちよる」という3つのテーマのもと、映画・映像作品の上映会や、多彩なクリエイターによる映像制作ワークショップ、映画について考えるトークイベントなど、参加者の関心に応じて自由に遊び方や関わり方を選ぶことのできるプログラムが毎日開催されていました。

enocoのみなさんとは4月から打ち合わせを始めました。
0403mtgIMG_3504

通常の映画館にあるシアター、映写室、ロビーに加え、
製作ができるようにラボの機能を加えた4つの要素で構成しました。
0

7月の終わりに会場の設営をはじめ、
無事オープンを迎えることができました。
1

2

安川の大好きな小上がり
3

4

5

みんなで1枚1枚貼った壁!
6

手製の巨大スクリーン
10

映写室
11

12
(Photo by 西岡潔)

ロビー
7
(Photo by 西岡潔)

ラボ
9
(Photo by 西岡潔)

普段なら会場が出来上がった時点でお役御免なのですが、
今回は期間内にワークショップを実施させていただけることになりました。

大阪府が主催する府政学習会にて
映像の起源をレクチャーし、その後アニメの元となった映像装置を作りました。
http://t.co/SiGGyBqS8z

その他に
オープン後の映画館にどんな機能が欲しいか参加者と話し合い実際に製作する「映画館製作部」
http://www.enokojima-art.jp/e/enokojimacinema/2015/07/20/1404
映画の原点となった映像装置をしくみを考えながら作る「映画のしくみ工作部」
http://www.enokojima-art.jp/e/enokojimacinema/2015/07/20/1398
を担当しました。

14

15

16

17
(Photo by 西岡潔)

1ヶ月という短い期間でしたが、
毎日のようにイベントが開催されるので会場の様子の変化が非常に分かりやすく、
しくみ工作部で毎週通う度に、こんなの増えてる!と新しい要素を探すのが習慣となりました。

「仮設ではもったいない」という声も耳にしたり、
製作部もしくみ工作部も全部参加してくれたお客さんがいたり、
私たちが作ったものがどう使われたり、どう変化していくのかがとてもはっきり見えたイベントとなりました。


RSS Feed  Posted in コトづくり, 空間づくり | Comments Closed

Related Posts